RSM Japan Tax
Languages

Languages

Search

Basic page
27 December 2017
  RSM International は120以上の国に800以上の事務所を有している世界第6位の会計事務所グローバル・ネットワークです。 41,400人を超すプロフェッショナルメンバーが属しており、監査、税務及びフィナンシャルアドバイザリーサービス等の各種高品質な専門サービスを独自のネットワークを通じて各国で提供しています。
Basic page
7 January 2016
This is the Privacy Notice for rsm.global (the "Site"). The Site introduces the services that the RSM International network, (the "RSM Network, we, us, our") provides through its independent member firms worldwide. The statement below ("Privacy...
Basic page
17 January 2016
   21世紀に入ってからのわが国にはいくつかのパラダイムの変革がありました。少子高齢化という社会基盤の変化、長期に渡って定着した感のあるデフレーション、さらに円高、世界同時不況、政権交代、インターネット・携帯端末の普及、貿易収支の赤字転落と私たちを取り巻く環境は急速に変化を遂げています。  そんな中、以前であれば海外展開は限られた大企業やその関連会社のものであり、市場整備の進んだ欧米圏への投資であったものが、...
Person
17 January 2016
Office
17 January 2016
  日本橋事務所 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-6-7 キュロコ日本橋301号 T:03-5643-2246 F:03-5539-4230     本部へのアクセス方法 東京メトロ丸の内線「西新宿駅」直結  都営大江戸線「都庁前駅」より徒歩8分、「新宿西口駅」より徒歩10分 JR新宿駅 西口改札口より徒歩10分  
Basic page
7 January 2016
   法人名  税理士法人東京クロスボーダーズ (英文名:RSM Japan Tax Co.)  設立  平成27年10月  出資金  5,050,000 円  所在地  東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー43階  代表者  村山暸永 (公認会計士・税理士)  出資社員  3名 (公認会計士・税理士)  他の有資格者  税理士3名、他   (沿革) 平成10年 村山公認会計士事務所設立 平成12年 Nexia...
Basic page
24 February 2016
  法人税務サービス 法人税務サービスでは税制改正や組織再編税制など日々複雑化している税制に対応し、各企業が適切な判断を行えるように税務アドバイスや申告関連業務を行っております。特に、国際展開されている企業や外資系企業に対しては、豊富な知識と経験よりコンサルティングを実施しております。  個人税務総合サービス 個人税務総合サービスでは、多数の関連法令やそれらの度重なる改正等によりますます複雑化し、個人では対応が困難になってきている所得税や相続税等について、...
Service
2 May 2016
個人税務総合サービスでは、多数の関連法令やそれらの度重なる改正等によりますます複雑化し、個人では対応が困難になってきている個人所得税の分野について、日本での税務関連を中心に申告書等の作成や各種アドバイスを提供しております。また、相続税についても、国際相続を含め個別の状況に応じた様々な助言を行っています。 なお、個人税務総合サービスについても英語でのサービスを提供しております。 個人税務総合サービスの主な内容は以下のとおりです。   1. 税務コンサルティング 個人事業者(不動産、医療関係等)...
Service
2 May 2016
海外展開総合支援サービスでは、弊法人が加盟するグローバル・ネットワークを活用し、海外に進出されている企業およびこれから進出を検討される企業の皆様に、弊法人が窓口となり、日本及び海外拠点において必要な各種サービスを提供しております。 また、グローバル・ネットワーク等に加盟されずに個人会計事務所等でサービスを提供されている方からの国際税務相談等についても対応しております。 なお、アジア各国で、現地の日本人担当者が窓口となり、日本語で対応することも可能です。...
Service
26 September 2016
移転価格税制は、企業が海外に拠点を設け進出した場合に対応が必須である事項であるといえ、日本と企業が進出する相手国と両方の税制に対して適切な対応が取られない場合、税額の更正のリスクや国際間の二重課税のリスクが生じることになります。 そして、日本と進出国との2国間の税制に適切に対応するためには、日本のみならず進出国の税制についても適切なアドバイスが必要となり、また、進出国での税務調査に対して十分な対応を行うためには、現地税理士との十分な意思疎通が必要となります。...

Pages