インド投資支援サービス

 

グローバルサプライチェーンの再構築ーインドの可能性

インド最高裁判決

インド居住者による非居住者・外国法人へのソフトウェアライセンス料の支払いについては、租税条約上のロイヤリティに該当しないとの判断を下す。これによりインド源泉税の対象からは外れるものの、平衡税(Equalization Levy)に留意する必要がありそうだ。

NEWSFLASH-ロイヤリティに関するインド最高裁判決2021

2020年インド平衡税の扱い

インドは、OECD BEPSプロジェクト(デジタル経済に係る課税上の課題への対応)の議論より、2016年にデジタル広告課税として平衡税(Equalisation Levy)を導入し、さらに2020年4月より広範な電子商取引に対し新たな平衡税の導入を決めた。これはインドに支店や事業所等を持たない外国法人によるB2C取引にも適用され、四半期納付方式が採られているため注意が必要である。

NEWSFLASH-2020年税制改正後、電子商取引に関する平衡税の概要

お問い合わせ方法

ご質問、ご要望がある方はお気軽にご連絡ください。

電話:03-6911-4852

メールの方はこちらから