ハイブリッド業務モデル

COVID-19の蔓延は、世界中の人々やビジネスに大きな影響を与えました。そして従業員のオフィスワークの形態も変化しました。第一波の後初めて従業員たちが出勤しオフィスに戻ることができたとき、オフィスワークの認識は完全に変わっており、彼らはリモートで業務を行うことがいかに柔軟性に優れ恩恵が多いかに気付きました。

リモートワークは新たな業務形態として定着してきていますが、この形態が長期的には難しい企業も存在するでしょう。しかし、ハイブリッド業務モデルであれば、これが解決できるかもしれません。多くの企業は今、在宅とオフィスワークを組み合わせたハイブリッド業務モデルを採用し始めています。従業員の多くはハイブリッド業務を好みますが、ただコロナの状況が落ち着いた際には、オフィスが同僚と繋がったり協力したり社交活動を行うにはベストな場所であると考える従業員が多いのも事実です。

ハイブリッド業務モデルの構築は、将来のワークスタイルをより柔軟にし、デジタル化やイノベーションも促進するため、組織の優秀な人材採用にも効果的です。よく熟慮され計画されたハイブリッドモデルは、従業員の創造性に良い影響を与え、人間関係、生産性、キャリアコミュニケーションそして問題解決能力を向上させます。さらにハイブリッドモデルは、従業員のライフバランスを改善し、またオフィスの賃貸料や水道光熱費などの費用を削減、さらには従業員の通勤が減るため炭素廃棄物質が削減し、環境問題にも大きく貢献することになります。

企業はこの新しい業務形態を採用することでより良い未来を創るために、このワークモデルをサポートする新しいテクノロジーと新しい業務場所の模索と決定が必要になります。

このハイブリッド業務モデルについて何かご質問等あります場合には、弊社までお気軽にお問い合わせください。

How can we help you?

Contact us by phone +66 (0) 2 670 9002-6 or submit your questions, comments, or proposal requests.

Email us

Authors

Takako Yanagisawa
Japanese Business Development Manager